精神と物質のあいだ

哲学系ブログ。あたりまえの中にあるあたりまえじゃなさについて書いています。

境界線との闘い-レオナルド・ダ・ヴィンチ『洗礼者聖ヨハネ』-

こんにちは。ナナコです。 こちらのツイートを見て、 【今日は何の日】6月24日 聖ヨハネ祭使徒ヨハネではなく、キリストに洗礼を授けた、キリストの「露払い」的存在、洗礼者ヨハネの祝日です。聖書にキリストの半年前に産まれたと記されているのでクリスマ…

水商売の価格内訳 ー女と酒というよりもー

こんにちは。ナナコです。先日、銀座のクラブに行く機会があったので、水商売考察です。※面倒なのでクラブで統一して書きます。

気分の価値

親戚複数名の介護をし、事業も手がけ、遊びにもしょっちゅう出かけ…という方と、ちらっと話した。こちらまで元気になるような、すごく明るい人。「なんでも気の持ちようよ~♪」と、その人は明るく言う。周りの人は、「なかなかそんなこと、出来るものではな…

不合理ゆえにわれ信ず

こんにちは。ナナコです。 今回は、ツイートのご紹介と、感想的なものです。

真善美

真善美は、主義主張になった時点で崩壊する。

虐待する人 -鬼の視点-

こんにちは。ナナコです。 今回は、幼児虐待経験者の方の心情が書かれた記事を見つけたので、そのご紹介です。

視点の一方通行性

こんにちは。ナナコです。 先日、サンリオピューロランドで『KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~』を観てきました。松竹監修なだけあって、劇中劇の歌舞伎はポイント押さえてて、ちゃんと歌舞伎!良かったです。 ※ネタバレありなので注意です。

ガンで死ぬことは悪いことなのか?

こんにちは。ナナコです。 とあるご高齢の方がガンで、確率が低いけれども完治する手術をするか、手術せずに延命治療をするか悩んでいる……という話を聞きました。

臆見 -人間いかに生くべきか-

こんにちは。ナナコです。 今回は、人間はどのように生きるべきかについての考察です。

裁きのない世界

こんにちは。ナナコです。 今回は→言葉の役目の終わり の続きの独り言です。

ホーキング博士の訃報を見て

こんにちは。ナナコです。 →英「車いすの天才学者」ホーキング博士死去=76歳、ブラックホールなどで新宇宙論 (時事通信) - Yahoo!ニュース 彼の本の一節を読んでから、ものの見方が全体的にガラッと変わりました。なので、まるで恩師が亡くなったような気…

言葉の役目の終わり

こんにちは。ナナコです。 考えが止まらなくて、またつらつらと独り言です。

月を差す指

昨日の記事を書きながらうんざりする。殺人ですら、神を指し示す指の一つでしかないみたいだ。

罪がある理由

こんにちは。ナナコです。 キリスト教がテーマの読書会に参加して、「罪に気づくために十戒がある」と聞いて、なるほどなぁと思い、つらつらと。

アリ社会

こんにちは。ナナコです。 今回は面白い記事のご紹介です。 農業をするアリもいますよね。。 →アリ界にも衛生兵がいた。マタベレアリは傷ついた仲間を治療し回復させていたことが判明(ドイツ研究) : カラパイア

許さない

もしイエスが姦淫したとしたら、それまでどんな奇跡を起こしていたとしても、フルボッコにされると思う。。 みんな、神は信じないけど、罪は信じる。

許してほしい

こんにちは。ナナコです。 今回は面白い動画のご紹介です。 誰に許してほしいんだろう。何に許してほしいんだろう。 www.ted.com

あんな夢こんな夢いっぱいあるけど

理想は現実化させるものなのではなくて、現実から見出すもの?? 例えば、「空を自由に飛ぶ」という理想は、「空を自由に飛べない」という現実から出てきている。もともと空を自由に飛べたら、理想にならない。ということは、「空を自由に飛ぶ」という理想が…

『憂国』 -大義がモラルを殺す?-

こんにちは。ナナコです。 今回は、『憂国』について感想等をつらつらと書きました。 花ざかりの森・憂国―自選短編集 (新潮文庫) 作者: 三島由紀夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1968/09/17 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 71回 この商品を含むブロ…

ご主人様と奴隷

こんにちは。ナナコです。 Hajime Kinoko氏の緊縛ショーを観ました。エロ美しかった……!

経験と言葉

こんにちは。ナナコです。 このごろは、少しはなれて、すべてを現象として見るようになった。すると、現象としての面白さは、言葉で表現される以前のものにしかないです。文章というものは、すべて整理整頓の結果であるからですね。 — 鈴木いづみbot (@s_ids…

真実は分からないという真実

こんにちは。ナナコです。 今回は面白い動画のご紹介です。 「僕たちは理論は作れるけど、真実は分からないんだよ。」 「運命っていうのは、自分のこと、自分がすることを分かっているんだ。」 「運命って何?」って、この子に聞いてみたいなぁ! youtu.be

女に生まれてよかった?

男に生まれたことないから、分からない。。 youtu.be

『死と生きる』

こんにちは。ナナコです。 今回は 死と生きる―獄中哲学対話 作者: 池田晶子,陸田真志 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1999/02/01 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 120回 この商品を含むブログ (35件) を見る について書いてみようと思います。

櫛と骨

古事記景行天皇条全訳註 - 8.弟橘媛、倭建にかわって入水する 故、七日の後、其の后の御櫛[みくし]海邊に依りき。乃ち其の櫛を取りて、御陵[みはか]を作りて治め置きき。 (そして、七日後、そのお后の御櫛が海辺に流れ着いた。そこでその櫛を取って、御陵を…

私はどこにいるのか

お風呂に入るとき、意識もお風呂の中にあるのか。笑私たちが見ているものは光。光の刺激で像が結ばれる。 でも、どこに結ばれる?頭の中? 外を見ているようで、結局頭の中を見ているのか?何が、どこに生きてるんだろう?

奇跡を感じるということ -テレビでクリスチャンを見て-

テレビに自分の娘が大火傷して絶望して、教会行ったらきれいに治ったから奇跡だと感じて、神様がいると感じて、クリスチャンになった、って人が出てた。(分かりにくい書き方でスミマセン…)「奇跡だと感じる」 ここが自分じゃ選べない。娘が火傷したからって…

私と全て

私が全てを知ることはできないけれど、全てが存在することを知っている。その全てに私が含まれていることも。

私も世界も

何かが様々に結び付いて現れている。

十字架

これを生きるという覚悟。それがどんな人生であれ。