精神と物質のあいだ

哲学系ブログ。あたりまえの中にあるあたりまえじゃなさについて書いています。

経験と言葉

こんにちは。ナナコです。 このごろは、少しはなれて、すべてを現象として見るようになった。すると、現象としての面白さは、言葉で表現される以前のものにしかないです。文章というものは、すべて整理整頓の結果であるからですね。 — 鈴木いづみbot (@s_ids…

真実は分からないという真実

こんにちは。ナナコです。 今回は面白い動画のご紹介です。 「僕たちは理論は作れるけど、真実は分からないんだよ。」 「運命っていうのは、自分のこと、自分がすることを分かっているんだ。」 「運命って何?」って、この子に聞いてみたいなぁ! youtu.be

女に生まれてよかった?

男に生まれたことないから、分からない。。 youtu.be

『死と生きる』

こんにちは。ナナコです。 今回は 死と生きる―獄中哲学対話 作者: 池田晶子,陸田真志 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1999/02/01 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 120回 この商品を含むブログ (35件) を見る について書いてみようと思います。

櫛と骨

古事記景行天皇条全訳註 - 8.弟橘媛、倭建にかわって入水する 故、七日の後、其の后の御櫛[みくし]海邊に依りき。乃ち其の櫛を取りて、御陵[みはか]を作りて治め置きき。 (そして、七日後、そのお后の御櫛が海辺に流れ着いた。そこでその櫛を取って、御陵を…

私はどこにいるのか

お風呂に入るとき、意識もお風呂の中にあるのか。笑私たちが見ているものは光。光の刺激で像が結ばれる。 でも、どこに結ばれる?頭の中? 外を見ているようで、結局頭の中を見ているのか?何が、どこに生きてるんだろう?

奇跡を感じるということ -テレビでクリスチャンを見て-

テレビに自分の娘が大火傷して絶望して、教会行ったらきれいに治ったから奇跡だと感じて、神様がいると感じて、クリスチャンになった、って人が出てた。(分かりにくい書き方でスミマセン…)「奇跡だと感じる」 ここが自分じゃ選べない。娘が火傷したからって…

私と全て

私が全てを知ることはできないけれど、全てが存在することを知っている。その全てに私が含まれていることも。

私も世界も

何かが様々に結び付いて現れている。

十字架

これを生きるという覚悟。それがどんな人生であれ。

ニコデモ

ニコデモのことを「分かってない」とか「会話がかみ合ってない」とか笑う恥知らず →ヨハネによる福音書 第3章

放蕩

放蕩の根底には不満足があるから、放蕩はよくない。

自分のためにしていることにあまりにも無自覚な件

こんにちは。ナナコです。 タイトルのことに気づいてびっくりしてしまいました。 手を洗ったり、ごはん食べたり、トイレ行ったり、お風呂入ったり…本っ当に何でもいいんですけど、こういう自分で自分のためにしていること、「自分のためにしている」ってこと…

脳の動かし方私知らないし

業→私が主体的に行う行為あれこれ 輪廻→私が主体的に生きることの繰り返し 解脱→主体的な私から解脱 ほんとのほんとのところは私が主体的に何かを行っているわけではないので、業も輪廻もありえない、という話。仕組みの話なので、知っても知らなくても同じ…

人でなし

こんにちは。ナナコです。 今回は「倫理に殺される?」の続きです。 まずは、こちらの歌詞をごらんください。(歌詞の転載って、だめなんですね…) →「情熱の嵐」西條秀樹→「空と君のあいだに」中島みゆき

倫理に殺される?

ソクラテスとかキリストとかが殺されたのは、彼らは論理的には正しかったけど、倫理的には正しくなかったから、かなぁ??

よりよい人生、よりよい暮らし、より

こんにちは。ナナコです。 今回は →東田直樹 オフィシャルブログ 自閉症の僕が跳びはねる理由 物語を元に、ざっくり人生考察です。 東田直樹さんの文章は透明感があってきれいだし、内容も「言われてみれば…!Σ(゜Д゜)」ということが多いので、大好きです♪

ぜんぶ宇宙がはじまったせいだ。

こんにちは。ナナコです。 先日、母が私の態度に不快の意を示したので、「私を生まなければ、こんなことは起こらなかった」という意味で 「Y大に行ったお母さんが悪い。」 と言い返しました。(父とは大学で知り合ったそうなので。) 自分で言ってておかしかっ…

「でんでん存在」だったの?!- 驚きについて -

こんにちは。ナナコです。 今回は、安部首相が「云々」を「でんでん」と読んだことについて、哲学者の永井均さんが考えられた際に出てきた「でんでん現象」「でんでん存在」についての考察です。 ・記事→安倍晋三首相「云々」を「でんでん」と誤読? 参院代…

精神障害は精神の障害なのか

こんにちは。ナナコです。 今回は自分というものを体と心で分けて考え、自閉症であり、作家である東田直樹さんに対するインタビュー →「壊れたロボット」のような身体と対峙しながら――二十歳の自閉症作家・東田直樹インタビュー|跳びはねる思考――22歳の自閉…

体で生きる

こんにちは。ナナコです。 この記事は 「嘘は本当っぽい。本当は嘘っぽい。」 「「怪しい人についていっちゃダメだよ」と言いながら怪しい人についていく」 の続きです。 知覚を頼りに生きてるからですねー。本当に不思議に感じたけど、大した問題じゃなかっ…

「怪しい人についていっちゃダメだよ」と言いながら怪しい人についていく

こんにちは。ナナコです。 この記事は、「嘘は本当っぽい。本当は嘘っぽい。」の続きです。

嘘は本当っぽい。本当は嘘っぽい。

こんにちは。ナナコです。 今回は面白い記事のご紹介です。

認識できないもの

認識できないものを、認識できないものとして、認識している…?? きっと今年も「?」ばっかりのブログになると思いますが、どうぞよろしくお願いします。

同じものでも見方がたくさんあること

こんにちは。ナナコです。今年も今日で終わりですね。よいお年を♪ 今回は面白い動画のご紹介です。 見た目まったく違うのに同じことを表している… www.ted.com

幸せになりたい!

こんにちは。ナナコです。 今回は「幸せ」について書いてみようと思います。

人に性格なんてない?

こんにちは。ナナコです。 今回は、面白い動画のご紹介です。 犯罪のニュースで、犯人のご近所さんがよく「あんな人が犯罪をするなんて信じられない」と発言しますが、人は状況次第で善人にも悪人にもなる。。 ※グロい映像があるので注意です。 www.ted.com

タオルは糸?

こんにちは。ナナコです。 この記事は「●●と思う」の続きです。

●●と思う

人は言う、神が在ると思うのは信仰であると。それなら全く同じ資格でこう言えるのだ、物質が在ると思うのも信仰であると。なぜなら、試みに自分の思考において、「物質」とそれを「物質と思う」こととの間に、明瞭な境界線を引いてみよ。これは不可能である…

哲学と人生哲学は違う

こんにちは。ナナコです。 今回は「哲学とは小難しい変人がやるものだ」の続きです。