精神と物質のあいだ

哲学系ブログ。あたりまえの中にあるあたりまえじゃなさについて書いています。

占う神々 ―誰に聞いてるの?―

こんにちは。ナナコです。 なんか神社の話をよく目にするので、いくつか神道系?記事を書こうかと。

その存在自体が矛盾 ―『方丈記』―

こんにちは。ナナコです。 今回は『方丈記』の有名な一節を使って、世界は無常と常という矛盾が同時に起こっていることについて書いてみようと思います。

哲学の言い分

こんにちは。ナナコです。 「自我を見抜く本」の記事で、スピリチュアル系の人たちは哲学をけちょんけちょんに言う、と書きましたが、そのことについて、哲学の言い分を見つけたので、そのご紹介です。

??

国の負債は頭数で割って公表するのに、どうして資産は頭数で割って公表しないの?? →国の借金1053兆円=1人当たり830万円―6月末 (時事通信) - Yahoo!ニュース

公の私

こんにちは。ナナコです。 今回は、天皇陛下のお気持ちについての考察です。 →<天皇陛下お気持ち>退位の意向、強くにじむ ビデオで思い (毎日新聞) - Yahoo!ニュース →天皇陛下:お言葉全文「象徴としてのお務めについて」 - 毎日新聞

『龍樹』読書メモ

こんにちは。ナナコです。 どこから引用でどこまで自分で書いたか忘れたのですが(笑)、メモを見つけたのでアップします。

トマスの福音書

イエスは言われた。”この天は過ぎ去るであろう。そして、その上のものも過ぎ去るであろう。そして、死者たちは生きない。そして生きている者たちは死なないであろう。きょう、あなたがは死んだものを食し、それらを生かす。しかし、あなたがたが光の中にいる…

スタート地点

会社に行く 学校に行く その行為の始まりはどこでしょうか。 朝起きたときから? 家を出たときから? はっきりしない…笑

明晰夢

こんにちは。ナナコです。 今回は、明晰夢について書いてみようと思います。

体外離脱らしきものの体験談

こんにちは。ナナコです。 今回は、目が覚める瞬間に気づくという、個人的に面白い体験をしたので、その体験談です。いわゆる「体外離脱」に近いかと。

みんなもう死んでいる?

こんにちは。ナナコです。 今回は、ディズニーシーが熊本地震に配慮し、セレモニーを中止していたことについて→【ディズニー報知】TDS15周年セレモニー中止 熊本地震に配慮 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュースをふまえて、人が死をどうとらえているかを…

『歎異抄』解説の歎異抄②

こんにちは。ナナコです。 この記事は「『歎異抄』解説の歎異抄①」の続きです。

『歎異抄』解説の歎異抄①

こんにちは。ナナコです。 今回は『歎異抄』の解説を書いてみようと思います。 細かい修正をかけまくってしまったので、タイトル変更、記事を上げ直しました。 「あの時ああしていれば…」という罪悪感を感じている人とか、「これからどうしよう…」と悩む人が…

TPP法案成立先送りにみる今の日本政治の考察

こんにちは。ナナコです。 今回は、→TPP法案成立先送りへ、参院選への影響回避 (読売新聞) - Yahoo!ニュースを読んで、超ざっくりとした今の日本政治の考察です。

記憶がないと生きていけない?

こんにちは。ナナコです。 私たちは記憶をベースに動いているみたいです。 「幻覚や幻聴」で、自意識と幻覚・幻聴と、区別はどこでつくのか、と書きましたが、記憶と照らし合わせて矛盾があるかないかで判断してるのかなぁと。

自然工知能

→MSの人工知能復活 また暴言(2016年3月31日(木)掲載) - Yahoo!ニュース 普通にみんな、頭の中でこの人工知能のように言葉が独り歩きしている。 思考自体は「自然工知能」と言える。自然工知能が作る人工知能なんて、結局自然工知能…人間の手柄だけど、人間の…

自我を見抜く本

こんにちは。ナナコです。 今回は、面白い本のご紹介です。

幻覚や幻聴

考え事をしているときに頭の中に浮かぶイメージや、「●●した方がいいかな?どうしよう…」などの言葉。 目のレンズや水晶体を経由してるわけでもなければ、鼓膜の振動なわけでもない。 幻覚や幻聴と何が違うのか??「人間なら誰でも悩むものだ」的な言葉も聞…

あの世に生きる

こんにちは。ナナコです。 「あの世とこの世」の記事では、目に見えないものの力を大河ドラマを例にして書きましたが、ドラマだけではなくて現実も同じ、ということを書いてみようと思います。

知ったかぶりで生きる

こんにちは。ナナコです。 「知ったかぶり」…あまりいいイメージはない言葉ですが、私たちは、ほとんど知ったかぶりで生きている、ということを書いてみようと思います。

何が分かったわけでもないけれど

物質も概念も、「名称と形態」の一言で終わった…笑 ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫) 作者: 中村元 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1958/01 メディア: 文庫 購入: 23人 クリック: 170回 この商品を含むブログ (132件) を見る

何のために生きるのか

こんにちは。ナナコです。 世の中には様々なマナーがあります。 「人に迷惑をかけてはいけない」 「相手が嫌がることをしてはいけない」 当たり前のマナーです。誰でも嫌ですよね??迷惑かけられたり、嫌な思いをさせられたら。マナーを守らない人、困りま…

五感

楽譜の存在。目に見えない音楽を、目に見える形で表したのが、楽譜です。 同じように、五感で感じられないものが、五感で感じられる形で表されている。事態は、こういうことなのかも??

あの世とこの世

こんにちは。ナナコです。 今回は、大河ドラマを使って、この世の不思議について書いてみようと思います。

スピと金

こんにちは。ナナコです。こちらのブログ→批判について:リーラ→批判について 2:リーラを読んで、いろいろと思うことがでたので、書いてみました。

物質とは

こんにちは。ナナコです。 見たり触ったり出来て、確実に存在している「物質」。これもよくよく考えると不思議なものです。

人生自体は

人生自体は、何も増えないし、何も減らない。 加えることも、減らすことも、できない。。

不倫と続かないダイエット

こんにちは。ナナコです。 ベッキーさんとゲスの極み乙女。の川谷さん、宮崎議員と、不倫のニュースが続きました。すごい叩かれっぷりですが、不倫と依存症って似ているなと思っての記事です。

同情と蔑視は似ている

こんにちは。ナナコです。 この記事で言う「同情」とは、慈善団体のCMが狙っているものの類い、つまり、悲惨な状況の人を見て「可哀想…」と思う、というようなことです。

みんなの子

こんにちは。ナナコです。 今回はこちらの記事→これは物凄い大切なことだと思うのだけど、多分、仕事でも家事でも人間関係でも『感謝しながらやっている人』と『感謝されたくてやっているひと』の二種類がいる。 - いばや通信 の「『わたり子育て』という発…