読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神と物質のあいだ

哲学系ブログ。あたりまえの中にあるあたりまえじゃなさについて書いています。

夢と魔法の国


こんにちは。ナナコです。

今回は

に出てくる魔法を元に、
空想と現実の区別のあやふやさについて
書いていこうと思います。

 

シンプルな話で、しかもすごい笑える
大好きなマンガです(o^^o)


さて、このマンガのヒロインのククリが
使う魔法「グルグル」。

魔法陣を描くことによって、
効果が発動する魔法ですが、
形は違えど「グルグル使い」、
本当にいるんですよ…現実に…
いっぱいいます( ´艸`)


誰でも知ってる有名な方は…
ウォルト・ディズニーさんです!


ウォルト・ディズニーさんが描かれた
「ミッキー」の魔法が発動した結果…

人々が現れたキャラクターに夢中になり、
ディズニーランドやディズニーシーという
テーマパークまで現れました。

もちろん、これは例え話ですが(^-^;

でもほんとに、ミッキーなんて、
ただの絵ですよ?空想の産物です。
それが
人の心を捕らえ、大の大人を動かし、
ついには
ディズニーランドやシーを作らせ、
多額のお金まで動かしているんです。

現実を、動かしてしまっているんです。


「空想と現実の区別がついてない」は、
よく人を非難する言葉としても
使われますが、

現実ですごく重要な「お金」も
実は人の空想の産物で、
物々交換をしないで済むよう、
便宜的につくられた「価値」です。


「空想と現実の区別がついてない」は、
ある意味、この世の仕組みを
的確に表している言葉なのです~