読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神と物質のあいだ

哲学系ブログ。あたりまえの中にあるあたりまえじゃなさについて書いています。

目に見えるものと見えないもの

こんにちは。ナナコです。

目に見えないものを信じない人、多いと思います。でも、そういう人も「信じていない」と思っているだけで、本当に信じていない人は会話ができません。今回はそういう話を書いてみようと思います。

 

「今日電車でお年寄りに席譲った。私いいことしたなー」
「えらいねー」

日常でありうる会話ですよね??でも…
「いいこと」そのものをすることってできますか?実際したのはお年寄りに席を譲ったこと。なのに「いいことした」とはどういうこと?電車でお年寄りに席を譲ることは電車でお年寄りに席を譲ることであって、「いいこと」そのものではない。

「あなた、いいことなんてしてないよ。電車でお年寄りに席を譲っただけでしょ。」

目に見えない「いいこと」の存在を信じてないと、会話が成り立ちません。言葉にすると全部言葉になっちゃうので、分かりにくいですが。。