精神と物質のあいだ

哲学系ブログ。あたりまえの中にあるあたりまえじゃなさについて書いています。

無ふたたび

無があるなんてあり得ないって書いたけど、言葉が無を指し示すということは、無が無という形である、が正解なのかしら。。なんかおかしいけど。